仲間と一緒にスポーツジム



大学の同級生から誘われて、
一緒のスポーツジムに通うことにしました。

といっても、行政のやっているコミュニティ施設で、
入会金無料で、1回2時間300円のジムです。

それでていて、バーベルやダンベル。
ランニングマシーンなどもある程度そろっています。

金銭的にも安価だし、ランニングシューズも使える。

今度こそは!と思い、通うことにしました。


仲間がいれば続けられる


同級生の友人は、私よりも太っているわけではありませんが、
最近、運動不足で運動するきっかけが欲しかったようです。
(プールや海に行くかどうか聞いたなかの一人)

私も渡りに船とはこのことだ!

今度こそ続けようと、
自分のやる気を奮い立たせました。

私も友人も、営業系の職種なので夜も打合せや接待があり、
夜は忙しいのですが、それでも週2は行こうと決めました。

大学でも、運動部だった2人は、
スポーツジムの器具を使った筋トレの経験はあります。

2人でストレッチをしたあと、
ランニングマシーンで15分~20分ほど軽く汗を流し、
ベンチプレスやスクワットなど、筋トレを行います。

最初は日ごろの運動不足からか、
筋肉痛で動けなくなるほどでしたが、
3週間目くらいで慣れてきました。

そして何より、
自分の筋肉がだいぶ引き締まってきました。

お腹の脂肪はとれていませんが、
それでも自分の身体が変わってきているのを感じます。

これはいけるのか!

しかし、転機は2か月後に訪れます。

一緒にスポーツジムで汗を流した友人が
急な転勤で県外に引っ越すことになったのです。


1人の孤独なスポーツジムは苦痛




友人が引っ越してからも、
週2回のスポーツジムは通っていました。

中年太り解消!もそうですが、
何より自分の身体が変わってきたのが
嬉しかったからです。

腕や胸筋は目に見えて太くなり、
太ももの筋肉も大きくなりました。

けれど、肝心のお腹まわりのぜい肉は
あまり減っていません。

体重も少し減ったくらいでしょうか。

身体は確実に変わったのに、
当初の思惑とは少し外れてしまったのです。

こうなると、少しつまらなくなってきました。

インストラクターのいないジムなので、
孤独なトレーニングは、
だんだんと苦痛になってきました。

忘年会でジムに行けなくなり、行かなくなる


1人で通い始めたスポーツジム。

ストイックに黙々とトレーニングを続ける私。

けっこう、精神的に苦痛でした。

それでも、筋肉はついてきてるので、
最初の1か月ほどは継続していました。

ところが、

忘年会等が重なる12月になり、
スポーツジムに行けない日が多くなったのです。

忘年会シーズンは外食が増えますよね。

ただでさえ、スポーツジムにも行けてないのに、
どんどん飲んで食べる。

そして最後のシメのラーメン。

これまでの3か月で3㎏減量したのに、
12月だけで、4kg増。

筋トレ前よりも1kg以上太ったのです。

これでやる気をなくした私は、
年明け後もスポーツジムに通うことはなくなりました。


>>続きを読む

>>成功した私の中年太り解消方法はこちら